【WB2013】男子シングルスTH2回戦

数多くの棄権者が出た今年のWB、少し落ち着いたかと思ったのですが、THからはロドラとマチューが、それぞれハムストリングスと首の負傷により2回戦で途中リタイア。両者、芝向きプレイヤーだっただけに、非常に残念です(また、サイスリンも3回戦の途中、ウイルス性疾患の影響によりリタイアしています)。

ノヴァク・ジョコビッチ(SRB)[1] def. ボビー・レイノルズ(USA)[Q] 7-6(2)/6-3/6-1
ジェレミー・シャルディ(FRA)[28] def. ヤン・レナード・ストルフ(GER)[Q] 6-2/5-7/7-6(6)/7-6(4)
フェリシアーノ・ロペス(ESP) def. ポール・アンリ・マチュー(FRA) 6-3/5-1 Ret.
トミー・ハース(GER)[13] def. ジミー・ウォン(TPE)[Q] 6-3/6-2/7-5

リシャール・ガスケ(FRA)[9] def. 添田豪(JPN)[Q] 6-0/6-3/6(5)-7/6-3
バーナード・トミック(AUS) def. ジェイムズ・ブレイク(USA) 6-3/6-4/7-5
ケヴィン・アンダーソン(RSA)[27] def. ミカル・プルジシズニー(POL)[Q]  6-4/7-6(2)/6-4
トマシュ・ベルディフ(CZE)[7] def. ダニエル・ブランズ(GER) 7-6(6)/6-4/6-2


添田は健闘したと言っていいのではないでしょうか。こういったプレーが通常のATPツアーでできれば、またランキングを戻してこられると思うんですよね。今後もぜひ頑張ってほしい。


ダビド・フェレール(ESP)[4] def. ロベルト・バウティスタ・アグ(ESP) 6-3/3-6/7-6(4)/7-5
アレクサンドル・ドルゴポロフ(UKR)[26] def. サンティアゴ・ヒラルド(COL) 6-4/7-5/6-3
イゴール・サイスリン(NED) def. ミロシュ・ラオニッチ(CAN)[17] 7-5/6-4/7-6(4)
イワン・ドディグ(CRO) def. デニス・クドラ(USA)[Q] 6-1/7-6(4)/7-5


ラオニッチは前コーチ、ブランコとパートナー解消となって以降、コーチ探しにもやや精神的に疲弊、現在、スランプに陥っているようです。とはいえ、サイスリンとの試合では、エース22本ですし、2ndからのポイント獲得率の低さは気になりますが、1stサービスそのものは悪くないんじゃないでしょうか。問題はこれまでと同じくストローク力やリターン、そしてネットプレーであって、結局のところ、コーチ探し云々というよりは、単純に伸び悩みなんじゃないかという気がしないでもありません。


錦織圭(JPN)[12] def. レオナルド・マジェール(ARG) 7-6(5)/6-4/6-2
アンドレアス・セッピ(ITA)[23] def. ミカエル・ロドラ(FRA) 7-5 Ret.
グレガ・ゼムリャ(SLO) def. グリゴール・ディミトロフ(BUL)[29] 6-3/6(4)-7/3-6/6-4/11-9
フアン・マルティン・デル・ポトロ(ARG)[8] def. ジェシー・レヴァイン(CAN) 6-2/7-6(7)/6-3


ゼムリャとディミトロフの試合は、最終セット、デスマッチに入ったところで雨サス、翌日順延となったわけですが、この試合、ブレイクのチャンスが多くあったのはディミトロフでした。ほとんどそのチャンスを生かすことができず、ゼムリャの粘りに屈し、結局、最終セット後攻めというのも手伝って、第20ゲームで力尽きたようです。なかなか勝ち上がれませんな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>